ウィンドウ管理について

概要

[screen]「ウィンドウ管理」は、たくさん開いたウィンドウを、楽に切り替えするためのアプリケーションです。

主な機能として、ウィンドウ一覧機能・ウィンドウの表示/非表示切り替え、ウィンドウのシャドウ化があります。

動作環境
超漢字4, 超漢字V (動作確認済み)
ライセンス
MIT License とします。なお、ウィンドウ一覧のツリー構成部分のソースコードを使用しているため、著作権は私だけでなく、木元峰之さんにもあることに注意してください。
ダウンロード(バイナリ)
バイナリ(winmng.bz) 68KB
ダウンロード(ソース)
ソースのみ(winmng.tar.gz) 12KB

使い方

アプリケーションの登録後、「ウィンドウ管理」の原紙を取り出し、ダブルクリックで起動してください。

起動後は、以下の操作でウィンドウの表示・非表示を切り替えできます。

システムメッセージ領域(デスクトップ下部のパネル)のクリック
ウィンドウの一覧表示。ここから目的のウィンドウを選択/切り替えできます。(下図)
[screen]
デスクトップ背景のダブルクリック
すべてのウィンドウの表示/非表示切り替え。非表示状態となったウィンドウはシャドウ化されます。(下図)
[screen]
ウィンドウのタイトル領域のダブルクリック
ウィンドウをシャドウ化します。
シャドウ化されたウィンドウのクリック
ウィンドウを表示させます。

「ウィンドウ管理」を終了させるためには、すべてのウィンドウを非表示とした状態でメニューを表示し、「ウィンドウ管理を終了」を選択してください。

既知の問題点

ウィンドウの一覧表示中、CPU使用率が100%に上昇してしまうことが分かっています。(フロントエンドプロセスでメニューを開くと起こる現象のようで、改善は困難です。) ただし、選択中のみに発生する現象であり、短期間の現象なので、それほど大きな問題とはならない場合が多いのではないかと思います。

どうしても気になるようであれば、使い勝手は下がりますが、「ウィンドウ一覧」をご利用ください。

旧版「ウィンドウ一覧」について

「ウィンドウ管理」は、「ウィンドウ一覧」のデザインを一新し、よりすっきりと使いやすく作り直したものです。今後は「ウィンドウ管理」の方を使って頂きたいので、公開ソフトの一覧からは削除しますが、必要な方のためにここから参照できるよう、旧版「ウィンドウ一覧」へのリンクを張っておきます。

更新履歴


[ 戻る ]

Yashiro Takeshi <yashiromann@nifty.com>
Last modified: Sun Oct 3 16:37:05 2010
Valid XHTML 1.0!