リモート端末について

概要

[screen]PuTTY ver 0.59 をベースに作った、超漢字用のSSH/TELNET/RLOGINクライアントです。

動作環境
超漢字4以上
ライセンス
全体としてのライセンスは PuTTY License になります。各ファイルのライセンスの詳細については、こちらを参照してください。
ダウンロード(バイナリ)
バイナリ(sshclient.bz) 256KB
ダウンロード(ソース)
ソースファイル(sshclient.tar.gz) 565KB

使い方

基本的な使い方

アプリケーションの登録後、基本文章編集で「リモート端末用紙」を開き、適当に設定をいじってから「リモート端末」の付箋で起動し直せば、たぶん動くはずです。

鍵を使う認証

Ver 0.123 より、鍵を使った認証が出来ますが、使用する秘密鍵は "PuTTY private key format" である必要があるみたいです。

鍵ペアは、Linux/Windows 上で puttygen を使い、以下のような感じで作ってください。

$ puttygen -t rsa -o putty.ppk          (秘密鍵生成)
$ puttygen putty.ppk -o putty.pub -L    (公開鍵生成)

作った公開鍵はサーバ側の ~/.ssh/authorized_keys に追加し、秘密鍵は「リモート端末」用紙の PublicKeyFile=... のところにレコードタイプ31番で持ってきた仮身を置きます。
(なお、なぜ秘密鍵側なのに PublicKeyFile という名前になっているのかは謎です。)

既知の問題点など

時々SEGVる問題
ポートフォワーディングが再接続を繰り返すと機能しなくなる
fd treeの操作の同期関係の問題?
lineptr(sshclient/src/terminal.c)で NULL がとれてしまう問題
現状では lineptr にいい加減な hack をいれてごまかし中だが、本質的な解決にはなっていない。
キーイベント周り
TIPSにちゃんと対応する。(現状では、英数字モードにしないとちゃんと入力できない)
フォント設定
gppfont か、その代替となるものを実装する
まだ実装していないイベント処理を実装
motion_event, button_event, selection_received/selection_get/selection_clear, あとメニューも。
日本語周り
ちゃんとした EUC/SJIS/UTF-8 の扱いと、エンコーディングの切り替えを実装する。
設定ファイルの構文解析をまともにする

更新履歴


[ 戻る ]

Yashiro Takeshi <yashiromann@nifty.com>
Last modified: Sun Oct 3 16:36:59 2010
Valid XHTML 1.0!